リンガル矯正とも言い、歯の裏側にブラケット装置を装着する治療方法です。
他の人からほとんど装置が見えないため、成人の方で唇側矯正装置の見た目が気になる方に適しています。
治療期間が長くなり、施術の難易度も高くなるため唇側矯正より治療費がかかります。
目立つ上の歯だけ舌側矯正、下の歯は唇側矯正を用いるハーフリンガル矯正ですと治療費を抑えることができます。

 
リンガル矯正のメリット

 

目立たない
歯の裏側に装着する矯正装置は、表側から見えることがほとんどないため、目立つ矯正装置に抵抗がある方でもストレスなく治療を受けることができます。
また、営業職や接客業などの職業的に人前に出る機会の多い方や、結婚式や成人式などが控えていて目立つ矯正装置を装着したくない方にも適しています。

虫歯になりにくい
歯の裏側は唾液の分泌が多く、矯正装置が常に殺菌作用のある唾液にふれている状態となるため、虫歯にかかりにくい傾向があります。
しかし、舌側矯正は装置が見えにくく、歯磨きはしにくいので、歯科医院の指導に従ってしっかりとケアを行なう必要があります。

舌の癖の改善
舌で前歯を押してしまう癖が原因となって不正咬合になっている場合があります。
舌側矯正では、舌が装置に触れることで舌で前歯を押す癖が改善しやすく、装置を外したあとも後戻りがしにくくなります。

 

リンガル矯正のデメリット

 

費用が高い
舌側矯正は治療の難易度が高く、処置時間も長いため、唇側矯正と比較し費用が高くなります。
​ハーフリンガルにすることで費用は抑えることができます。

処置時間が長い
歯の裏側は狭く処置も行いにくいため、毎回の処置時間が長くかかる傾向にあります。
そのため、お約束の時間帯を制限させていただくことがあります。

 

リンガル矯正の種類

フルリンガル

上下の歯並びに裏側矯正装置を使用します。

ハーフリンガル

上の歯並びのみ裏側矯正装置を使用します。

装置比較 永久歯列の矯正治療
    目立たない矯正治療
  唇側矯正 舌側矯正 マウスピース型矯正
治療費
治療期間
見た目
適応症例
違和感・清掃性