総額固定料金制(トータルフィーシステム)

治療費には治療終了までの処置料、材料費、技術料等すべての費用が含まれています。
基本的に最初に提示させていただいた金額以上の費用はかかりません。
お子さんに現金をもたせての通院や、治療が長期化した際費用がかさんでしまう心配もありませんので、​安心して最後まで通院していただけます。
矯正装置破損による修理、紛失による再作製等場合によっては追加費用が発生することもありますが、その都度説明させていただきます。

 

料金表
初診相談料 ¥2,200
検査診断料 ¥33,000
準備矯正 ¥385,000 ~ ¥495,000
唇側矯正 ¥825,000 ~ ¥1,023,000
舌側矯正(ハーフリンガル) ¥990,000 ~ ¥1,265,000
舌側矯正(リンガル) ¥1,210,000 ~ ¥1,375,000
マウスピース型矯正 ¥880,000 ~ ¥1,045,000
部分矯正 ¥165,000 ~ ¥330,000
保定治療後(契約治療期間終了後)処置料 ¥2,200 ~ 

※税込表記となります
※治療内容によっては上記の上限を超えることがあります

 

割 引

家族割引:ご家族の方が治療をされている場合5%の治療費割引
平日割引:毎回の予約が平日16時までに診療終了となる契約の場合5%の治療費割引
治療継続割引:準備矯正から本格矯正へ移行する場合、本格矯正治療費を45%割引
※割引率は定期的に見直しを行っております

 

初診相談料値引き

☆ぐーちょきパスポート、コンパス提示で相談料1,000円引き

 

お支払い方法

相談料、検査・診断料は受付でお支払いください。(クレジットカード可)
・一括払い:治療開始時に銀行振込でお支払い
・分割払い:歯を動かす治療終了までに2~6回までの分割払い(銀行振込、金利手数料なし)
・ローン:アプラス・新生銀行グループのデンタルローンにお申し込み頂き、審査手続き後治療開始

 

医療費控除

医療費控除は、1月1日から12月31日までの1年間にご自身や家族のために支払った医療費が10万円(総所得金額等が200万円未満の人は、総所得金額等の5%)を超えた場合に受けられます。
一年間支払った医療費の総額に応じて還付申告すると所得税が還付される制度です。

医療費控除は税務署での確定申告が必要になります。
また矯正治療費は同年内にお支払いされた方が、手続きも1回で済みますし控除額も大きくなります。
詳しくは税務署へ問い合わせしていただくか、国税局HPをご確認ください。

発育段階にある子供の成長を阻害しないようにするために行う不正咬合の歯列矯正のように、歯列矯正を受ける人の年齢や矯正の目的などからみて歯列矯正が必要と認められる場合の費用は、医療費控除の対象になります。
必要に応じて診断書を発行いたします。(歯の治療費の具体例)